<第1回 海外研修感想文より>


中学生の時からずっとあこがれていたアメリカの地を踏むことができた。今回の研修で
学んだこと感じたこと等を大切にし、それを今後の生活に積極的に生かしていきたいと
考えている。

NYではあらゆる人種の人たちが居てそれを眺めているだけでも活気を感じることが
できた。海外研修は感動と驚きの連続だった。良い思い出になったのを始めとし、日本
との違いを肌で感じることができ、今までとは違うものの考え方ができるようになった。

ホームステイ先では「こんな機会はもうないかもしれない」と英会話の本を片手に、ジェ
スチャーを加えながら自分から話すことを試みた。すると私の片言の英語を真剣に聞い
てくれ、理解してくれた。その時は本当に嬉しかった。

エンパイアステイトビルにて
(第1回海外研修参加者)
三浦保理事長(右)の個展にて
左は引率の寺村事務局長
ホームスティ先にて