<第5回 海外研修感想文より>


ホームステイ先で一番いいなと思ったのは、子供は夜は9時には寝室に上がり、夫婦2人
でテレビを見る等の時間を過ごしていることだ。この時、お茶を入れるのは御主人で、食事
もご主人が作ることが度々あるそうだ。奥さんは専業主婦だが、「私の仕事は食事を作るこ
とではなく、子供を育てることだ。」とおっしゃっていた。

カナダとトロントの付近は山が無くて、空気がすんでいる。世界で一番高いCNタワーを60
kmも離れた所から見ることができた。日本なら山ばかりで遠くなんか見えやしない。

今ここで国籍も人種も違う人達が集い仲良く食事をしている。その中に僕が居る。とても不思
議な現実。僕は感動して胸が熱くなった。みんな同じ人間なんだ。言葉は違うけど、心さえあ
ればちゃんと伝わるんだ。今回の海外旅行で僕は言葉に言い表せない程沢山の勉強をした
と思う。一つは家族のことだ。この旅行を通じて家族の大切さがすごくよく分かった。もう一つ
は初めてあった人達でもいっしょに旅をすることで、素晴らしい仲間になれるということだ。だ
から僕は声を大にして言いたい「こんな素晴らしい体験や思い出をプレゼントして頂き本当に
ありがとうございました。」

この時私は文法中心の英語はあまり役に立たない、身振り手振りは万国共通、大切なのは
相手に伝えようとする気持ちだと思った。こっちが一生懸命に伝えようとすると、向こうも判ろう
としてくれる。この優しさは世界共通だと思った。

この旅は私を成長させてくれたと思う。つらいことがあってもこの研修を思い出して頑張ってみ
ようと思う。私はこの9日間のことを絶対に忘れないと思うし、16歳のこの時に旅して感じた今
の気持ちを大切にしたいと思う。これからの私の人生の大きな力となり、自身になると思う。


ホストファミリー トロント市内を背景に
12月の懇談会で再会した
第5回海外研修参加者ら
左から2番目は引率の
寺村事務局長
ワンダーランドにて